このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

5 佐久のスポーツをもっと盛んに

更新日:2017年8月22日

質問者:岩村田小学校:菊池 優介(きくち ゆうすけ)くん

 佐久市は晴天率が高く、野外でのスポーツに適しています。佐久運動公園ができてから、サッカーや陸上の大会が行われるようになり、来年新しい野球場が完成すればますます佐久市でのスポーツが盛んになると思います。
 僕は今陸上をやっていて、記録更新のために毎日努力しています。そんな時に、佐久市に有名な陸上選手を招き、直接指導を受けることのできるイベントがあると良いと思いました。また陸上だけでなく他のスポーツでも同様のことが言えると思います。子供たちがさらにスポーツに興味をもち、将来佐久市から世界で活躍する選手がたくさん出るのではないでしょうか。

答弁者:市長

 岩村田小学校 菊池優介くんからの「佐久のスポーツをもっと盛んに」の質問に、お答えいたします。
 佐久市では、一流の選手を呼んで、教えてもらったり、交流したり、プレーを観る機会を作ることに力を入れています。
 平成25年に佐久総合運動公園陸上競技場がオープンした際には、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの『Qちゃん』こと高橋尚子さんをお迎えしてランニングイベントを開催しました。
 最近では、6月24日に佐久市営武道館で小学生を対象に少年相撲教室を開催しました。
 この教室では、大相撲の境川部屋(さかいがわべや)の君ヶ濱親方(きみがはまおやかた)と現役力士2名が、相撲の基礎や楽しさを教えてくれました。
 また、8月6日にはランニング教室を開催します。
 この教室は、早く走れるコツなどを学ぶことができる内容で、講師は世界陸上で第6位に入賞した実績のある嶋原清子(しまはらきよこ)さんです。
 この中で行われる小学生向けのかけっこ教室は、秋の運動会に向けた準備としても人気があり、定員の100名に達しています。
 このほかにも、9月26日から28日まで、「あすチャレ!スクール」を開催する予定です。
 このイベントは、パラリンピックの選手が小中高等学校を訪問し、車いすバスケットを実演していただき、生で見て感じたり、実際に障がい者スポーツの体験学習をするものです。
 さらに、3年後には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されますので、これを機に、オリンピック、パラリンピックの選手との交流の機会も作っていきたいと考えています。
 こうした機会は、技術的な指導をしてもらうことはもちろんのこと、スポーツの楽しさや厳しさ、魅力を伝えてもらう機会でもあります。
 皆さんが、夢や希望を持ってスポーツに取り組めるよう、今後もこうした教室やイベントを開催できるように、さらに努力していきます。

お問い合わせ

企画部 広報情報課
電話:0267-62-3075
ファクス:0267-63-3313

お問い合わせはこちらから

本文ここまで


以下フッターです。

佐久市役所

〒385-8501 長野県佐久市中込3056
電話:0267-62-2111(代表) ファックス:0267-63-1680(総務部)
市へのお問い合わせはこちら